青の祓魔師

奥村燐は修道院で暮らす少年。同じ修道院に住み、有名高校へと進学する双子の弟·奥村 雪男とは違い、高校にも行かず、就職先までもが見つからずにいた。そんなある日、喧嘩相手の不良に起こった異変と同時に、燐は「悪魔」の存在を、そして自らが魔神(サタン)の息子であることを知る。

青の祓魔師