僕は友達が少ない

『僕は友達が少ない』(ぼくはともだちがすくない)は、平坂読による日本のライトノベルとそれを原作とした各種作品群。聖クロニカ学園(せいクロニカがくえん)高等部2年生の羽瀬川小鷹は、転校から1か月経ってもその外見が原因で周囲にヤンキーと勘違いされ、クラスで浮いた存在であった。

僕は友達が少ない