図書館戦争

テレビアニメ『図書館戦争』は有川浩による小説をはじめとする作品である。舞台は2019年の架空日本となる。高校3年生の時出会った一人の図書隊員に憧れて図書隊入隊を志した少女·笠原郁。ストーリーはそのまっすぐな成長と恋を追うとともに、メディアの自由を巡る人々の戦いを描く。その中、架空の法律が社会に重大な影響を与えている。

図書館戦争